花粉症というと、春のイメージが非常に強いですよね。 春になると、スギやヒノキの花粉が多くなるので、花粉症になりやすいです。 そのため、春だけ花粉症対策をするというのが一般的でしょう。 しかし、秋や冬でも花粉症になることはあるので、注意してください。 大半の方が勘違いされていますが、花粉というのは春だけでは無く、一年中飛び回っています。 秋や冬にくしゃみや鼻詰まりといった症状が現れても、みなさん風邪だと思ってしまいがちです。 でも、風邪ではなく花粉症の可能性もあります。 症状が出ても春の花粉症に比べると軽いため、花粉症だと気付かずに生活している人も少なくありません。 そのまま症状を放置してしまうと、花粉症が悪化してしまう可能性があるので、早めに対処する必要があります。 もし、秋や冬に熱が無いのにも関わらず、咳やくしゃみが止まらないという場合は、念のために医師に相談しましょう。 そして、花粉症が心配という方は、秋や冬でも最低限の対策は取るようにしてください。